自己破産とは

 

自己破産とは、全ての借金を法的に帳消しにする制度です。
それまでの借金を全てチャラにしてしまえるので住宅などの資産を持っていない場合に適した措置です。

 

その効力は絶大で、税金や公共料金、裁判で負けた際の賠償金以外の借金が全て帳消しになります。
まさに人生やり直しスイッチといえるべきものなのですが、当然ながら余程の例外がない限り2回目は認められません。
あくまで人生1回だけ申請できる徳政令だと思ってください。

 

また本来は債務整理の中の一つなのですが、借金帳消しという効果があまりにも強すぎる為にとても有名です。
少し前までは過払い金制度というものがあったために、自己破産をしてさらに払い過ぎた消費者金融の過払い分が戻ってくるというとんでもない時期がありました。
破産しているのにお金が増えるという経験をした方も少なくないと思います。

 

またその関連で弁護士・司法書士のCMが増えて、債務整理(自己破産)件数も増えています。
今まで制度を知らずに泣き寝入りしていた人が、蜘蛛の糸を掴むように相談に訪れたのです。

 

ただしあまりに勝手な借金(買い物での浪費・ギャンブルでの借金)の場合は自己破産が認められない場合があります。
とはいえ成立させなければ弁護士・司法書士も仕事にならないので、ある程度は腕で通してくれるのも事実です。
自己破産費用は、借金件数に次第ではありますが20万円〜30万円になります。

 

自己破産のメリット

 

当然ながら借金の帳消しです。
特に借金総額における制限もないので、人によっては億単位の借金が無くなる可能性もあります。
個人であまり目にする額ではありませんが、個人事業主の方の場合はありえない話ではありません。

 

また、ここ10年の過払い金請求により消費者金融が自己破産を申請した例もあります。
その負債額は209億円といわれており、自己破産で帳消しになる借金額は天井知らずです。

 

金銭的なメリットも大きいのですが、精神的にも大きく変わります。
今まで色んな事を犠牲にして借金返済と生活を優先していた人生が、いきなり帳消しになって呆けてしまう方も少なくはありません。
特に借金生活が長ければ長かった人程、帳消しになった時の開放感は言葉では言い表せないものがあるでしょう。

 

一番大きいのは、成立後1回目の給料日でしょう。
性質上公共料金と税金以外の支払いが発生しないので、普通に給料日にお金が残ります。
何でもない事と思われるかもしれませんが、自己破産まで追いつめられていた方にとってこれほど嬉しい事はありません。
手元にお金が残るからこそ、人としての心の余裕も持てるのです。
精神的なものが原因で病気になっていた場合は、驚くほど症状が改善する場合もあります。

 

自己破産のデメリット

 

自己破産のデメリットというより、債務整理全体のデメリットはブラックリスト入りです。
自己破産の場合は10年間、ローンや借り入れができなくなります。
ただしこれは、債務整理手続きをすれば掲載期間が違うだけで絶対にあるデメリットなのです。

 

自己破産特有のデメリットを無理に探すなら、社会的信用は無くなることでしょうか。
当然借金は一部の街金以外では不可能ですし、お金が絡む審査に関してはほぼ通らないでしょう。
これは任意整理や個人再生でもそうなのですが、自己破産では更に厳しくなります。

 

しかし自己破産前でも社会的信用といえば、借金まみれで返済が不可能な状態です。
結局ローンの審査が通らないのは自己破産をしてもしなくても同じで、あまり違いはありません。
個人事業主の場合はほぼ倒産(閉店)な訳ですし、今の時代それを気にする人も少ないでしょう。
世間様と言われていた時代も確かにありましたが、今となってはそれ程生活を縛り付けるものでもありません。

 

結論として、債務整理で起こるデメリットは存在しますが、自己破産だけのデメリットというものは特にありません。
あえていうなら、借金を帳消しにした為に金遣いは元のままという可能性もあります。
しかしそれは自己破産のデメリットというより自己責任の範疇なので、心機一転家計簿でも始めましょう。
借金に頼れない生活になるのは間違いないので、備えは多めにしておかなければ思わぬトラブルがあるかもしれませんよ。