ブラックリストとは

お金を借りたいけど審査に落ちてしまった・・
もしかしてブラックリストになっているのか?と思ったことはありませんか?

 

滞納を何度もしてしまって信用がなかったり過去に債務整理をするとブラックリストと判断されてしまいます。
ここではブラックリストとは何かご紹介していきます。

 

金融でブラックリストってどんな状態の事?

 

まずブラックリストを簡単に言えば、危険顧客という意味が一番近いでしょうか。
金融に限らず、何かしらのマイナス面があるのでこのお客様は気をつけましょうという店独自の危険人物リストがある業種も少なくありません。
金融におけるこの危険顧客は、信用情報に金融事故で名前が載った人をいいます。
債務整理・返済遅れ・公共料金の滞納等で載ってしまい、ある一定の期間はその情報が保存され続けます。
信用情報はブラックリストという訳ではないのですが、世間的・融資確率的な扱いでいうと「融資できない」人のリストという感じです。
正確には、ブラックリストというリストは存在しません。

 

ブラックリスト入りしてしまうと、まず借金が難しくなります。
大手消費者金融は問答無用でアウト、カード会社や車のローンも基本的にはほぼ通りません。
借りられるのは中堅消費者金融(街金)の一部だけで、しかも債務整理以外のブラックリストの場合は支払いが迫っているという状態です。
ブラックリストという言葉が現状を曖昧な意味にしてしますが、要するに社会的信用が無くなった状態だと考えてください。
借金を踏み倒した過去や、払うべきお金を払わなかった人に融資してくれる金融機関はほぼなく、ブラックリストに載ってしまえば現金だけの生活が始まります。

 

支払いを何回怠るとブラックリストなの?

 

一言で言ってしまえば企業次第なのですが、判断基準は悪質かどうかです。
お金に絡むトラブルというのは悲しいもので、大の大人が催促の電話を嫌がって無視は当たり前、逆ギレで誤魔化したりそのまま音信不通になる人も珍しくありません。

 

遅刻した上に会社に来ないようなもので、普通に考えても一発解雇(ブラックリスト入り)です。

 

初めてならば、言い訳せずに謝罪しつつ返済分を素早く振り込みましょう。
機械的に判断するか、優しい対応になるかは企業次第ですが、ブラックリスト入りは避けられるかもしれません。
生々しい話ではありますが、大手は多く顧客を抱えているので機械的に一発アウトの可能性も否定できません。
逆に中堅や個人店は、利用客確保の為に甘いかもしれません。

 

勿論全てが当てはまる訳ではないので、支払いの優先順位は消費者金融最優先をお勧めします。
延滞さえしていなければ、例え返済で他の支払いが厳しくなっても追加融資を受けられる可能性があるからです。
自転車操業が良いとはいいませんが、融資停止で首が回らなくなるよりはマシといったところでしょうか。

 

ただ基本的に、1回でもう相当厳しいというのは覚えておきましょう。
信用情報的なブラックリストには載らなくても、会社の「もう二度と融資しない」リストには載ってしまったかもしれません。
事情が何であっても、落ち度を作ってしまえば融資側は次が断れるのです。