債務整理とおまとめ一本化はどっちがいい?

 

これは間違いなく債務整理です。
もっというと自己破産で、任意整理・個人再生はお勧めできません。
個人再生はマイホームの兼ね合いもあるので何とも言えませんが、一本化に頼る程負債が大きくなっている場合はそこから10年近い歳月を返済に捧げることになります。

 

当然10年後の収入状況も心配ではありますが、そもそも借金返済の為に生きる10年は地獄です。
友人との付き合いも金銭的に厳しくなり、返済優先で色々な事を諦めなければいけません。
過去の10年と、今から始まる返済の10年は全く質が違います。

 

また、ペナルティもあまり変わりません。
自己破産後のブラックリストも、一本化中に他で借金ができないのも状態としては同じです。
それならば、借金が帳消しになっている自己破産の方がいいのは言うまでもありません。

 

言ってしまえば、一本化で借金を返済し続ける年月は無駄です。
借りたものを返さずに終わるのはという良識もあるかもしれませんが、元々債務整理は返済できなくなった人の為の法律であり、そういう苦しみを抱えている方にこそ必要な制度です。

 

罪悪感を感じるなとまではいいませんが、ある程度開き直る事も人生には必要です。
単純に、返済の10年か帳消しで借りられない10年かで考えましょう。

 

おまとめローンのメリット

 

最初に断っておきますが、おまとめローンそのものにメリットは殆ど存在しません。
今から挙げるのは、あえて言うならというレベルのメリットです。

 

払う利息が減る

 

借りている業者数が多い程、おまとめローンは効力を発揮します。
普通に考えるとどの業者でも大体18%前後の金利が付いているので、おまとめで一つにすれば月の利息的にはかなり軽くなる事もあるでしょう。
ただしこれは人それぞれで、2社程度であればおまとめをしても全く変わらないという事もあります。

 

総額が把握できる

 

大体多重債務に陥っていると、最低限の返済額を振り込んでその月を凌ぐという状態になっています。
既に利息が幾ら追加されているのか、そして借金は残り幾らなのかという事は把握できておらず、終わりの見えない不安に押し潰されそうな人が殆どです。
おまとめローンで返済額、そして完済予定日を知る事によって、借金生活の終わりが見えてきます。
当然、延滞なく返済した場合に限りますが…。

 

高額が借りられる

 

おまとめローンはその性質上、通常なら融資できない額も返済という形で融資されます。
200万円を普通に借りる事はできなくても、おまとめローンという形であれば可能でしょう。
ただしおまとめローンに生活費分余分に借りるという余剰制度はありません。
あくまで借金総額のみの融資になるので、どんなに高額の融資でもそのお金は一銭も使えません。

 

おまとめローンのデメリット

 

おまとめローンのデメリットは色々ありますが、大きく言うならば一つです。
それは、本来返せない借金を無理矢理返済可能な額にしてしまうという事です。

 

本来、おまとめローンに頼る時点で総額が大きかろうと小さかろうと返済はできません。
20万円でも500万円でも返済が不可能だからこそ多重債務に陥っているのです。
ある意味、借金が幾らであろうと返せない事に変わりはありません。
しかし、おまとめローンとして借りる以上、それは返済しなければいけません。
今までのように利息(もしくは最低返済額)だけ入れてその場を凌ぐことはできず、必ず一定額を返済し完済に向かわなければいけないのです。

 

何を当然のことをと思うかもしれませんが、おまとめローンは先延ばしができません。
始まった時点で利息込みで分割払い額は決まっていて、完済まで誤魔化しはきかないのです。
払えなかった借金は、必ず返済しなければならない借金に変わっているのです。

 

もう一つのデメリットをあえていうなら、返済期間の長さです。
どうしても今の世の中は、数年先が見通せません。
そして収入が無くなる原因は思わぬところからやってきて、何の抵抗もできず返済ができなくなる事になります。
当然おまとめ開始前より出世して収入が増える事もあるのですが、割合的にいえば返済に困る未来の方が多いのが現実です。