債務整理とは 債務整理の種類

 

債務整理とは、文字通り借金(債務)を整理する法的手段の事をいいます。
代表的なのは任意整理・個人再生・自己破産の三種で、特に自己破産は過払い金と合わせて縁のない方でも名前くらいは聞いたことがあるかと思います。

 

借金を抱えてしまうともうどうにもならないと思っている方もいますが、日本の法律制度は割と借金には寛容です。
特殊な支払いを抱えていないかぎり借金は減額することが可能で、返せない借金を抱えた方を再スタートさせるシステムは多く存在するのです。

 

ただし、一般常識として習うものでもないので、知らない方は知らないままという事もあります。
法律でよく聞く言葉なのですが、法律は万人の味方ではなく知っている人の味方なのです。
あらゆるトラブルに対して、知っている人だけが助かることができ、そのために弁護士や司法書士が居るともいえるのです。

 

債務整理に限らず、奇妙なトラブルに巻き込まれた場合はインターネットで検索しましょう。
こんなパターンに対処法はないだろうと思っていても、法律は意外に細かい所まで定められているものなのです。
特に債務整理に至っては、基本的に借金をした側が得をする制度になっています。
ことお金のことに関しては、全く諦める必要はないのです。

 

債務整理の種類は何がある?

 

任意整理

 

借金を債権者側と交渉をして、返済可能な額まで減額してもらう制度です。
手続き中は取り立ても止まり、利息も計算されません。
また成立後も利息は掛からないので、借りた額の幾らかを返していくことになります。

 

一応個人でも手続きは可能ですが、殆どは弁護士や司法書士に任せることになります。
強制ではないので債権者側が断ることも可能で、そういった意味でも専門家を間に挟んだほうが成功率は高めです。

 

個人再生

 

任意整理の強化版で、裁判所を通して借金の減額申請をします。
任意整理と違い成立後の減額割合は決まっていて、基本的に金額が高額であるほど減額割合も高くなります。
範囲は100万円〜5000万円で、100万円の場合は全額返済になるので意味がなく、5000万円以上は個人再生が適用できません。
資産を売らずにできる…というよりマイホームを持っている方が手放さずに借金を減らす為の手段です。
ただし住宅ローンは個人再生の適用外の為、減額返済分+住宅ローン分割になります。

 

自己破産

 

一部の例外(賠償金・税金・公共料金)等を除いて全ての借金を帳消しにする、金銭的なリセットボタンです。
不景気になってからは存在も有名になり始め、債務整理=自己破産だと思っている方も少なくありません。
メリットとデメリットを比べても大きくメリットに傾く、借金を抱えている方への最終手段です。

 

債務整理のメリット

 

任意整理は借金の減額、個人再生は決まった割合の借金の減額です。
これでも勿論メリットではあるのですが、自己破産の借金帳消しのメリットの前には霞んでしまいます。

 

一概には言えませんが、メリットとデメリットの差は自己破産が圧倒的です。
住宅ローンや資産を抱えている訳でなければ、今のところ自己破産を選択するのがいいのではないでしょうか。
返せない借金を返せる範囲にするか、それとも帳消しにするかと言われれば後者になるのは必然です。

 

任意整理のメリットが小さいのもありますし、自己破産のメリットが大きすぎるのもあります。
ただ肝心のデメリットが殆ど変わらないので、借金額が大きくて返済が苦しいほど任意整理を選ぶ意味がなくなるのも事実です。

 

特に債務整理に限ったことではありませんが、法律というのはバランスが取れているわけではありません。
この債務整理にしても債権者側は向こうの都合で踏み倒されると宣言され、またそれを飲まなければならないのです。
債権者側にとってはこれ以上の理不尽もないのですが、かといって借金苦で自殺や治安が悪くなっては意味がありません。

 

勿論逆に、企業側が有利になる法律も沢山存在します。
決して公平ではないので、自身がよく考えて得すると思う制度を選ぶのが肝心なのです。

 

債務整理のデメリット

 

共通のデメリットして、一定期間(5年〜10年)のローンが組めなくなります。
ブラックリスト入りといわれるのはこれを意味しているのですが、正直言葉の意味としては範囲が広く曖昧です。
任意整理でも自己破産でもブラックリスト入りは確定なのですが、金融機関の扱いは違います。
しかしここをあえて曖昧にすることで、ブラック融資可という宣伝文句をいいように使っている業者が存在します。
故にどんな意味でブラック可といわれているのかは、聞くまで分かりません。

 

ブラックリスト期間を過ぎてもローン申請が通るかどうかは会社の判断次第で、基本的には中々通りません。
また期間が違うだけで、任意整理でも自己破産でもデメリットは基本同じです。

 

ブラックリスト掲載はあくまで信用情報上の話で、金融機関の個人データーベースには一度載ってしまえばそのままです。
そしてこの手のデータは素早く広まってしまうので、大手消費者金融や銀行相手に借入先を変えたところで無駄に終わる可能性が高いでしょう。
同様に、クレジットカードの審査もほぼ通りません。
ブラックリスト期間中は勿論、その後も結果は変わらないでしょう。

 

債務整理を一度やったら、もうその後は現金で生活することを覚悟しましょう。
借金を一部または全て踏み倒したわけですから、ローンに対する信用は無くて当然です。