債務整理するとスマホや携帯の分割払いは出来る?

 

結論からいうと、債務整理期間中はかなり厳しいでしょう。
昔はできたという方も多いかもしれませんが、それは携帯電話本体の価格が実質0円販売だったからです。
今の高額スマホを債務整理中に分割で支払おうとするのは、中々難しい傾向にあります。

 

契約を切らないまま同キャリアの携帯を使い続けている場合、多少は優しいかもしれません。
ただしそれも月の料金が延滞されていない場合に限り、頻繁に延滞している方の場合はほぼ不可能でしょう。
意外に気にしていないかもしれませんが、携帯の料金未払いも十分「ローンの延滞」です。
消費者金融の延滞と同じレベルの扱いではありませんが、事故情報なのは事実です。

 

債務整理の支払い終了後、またはブラックリスト期間が終わっている場合は十分可能性はあります。
他のローンとは違い、ある程度融通をきかせてくれるでしょう。
というより、携帯料金の支払い延滞やブラックリスト終了後の人まで弾いてしまうと、かなりの人が分割払い不可になってしまいます。
特に大学生時代、引き落としが失敗したという手紙が来た人は相当な数になります。
売り上げ面を考慮して、ある程度過去の事はやむなく見逃しているというのが本当のところだと思います。

 

最新型スマホを購入する場合、一括で支払いましょう。
今となっては中ランクのパソコン並の値段がしますが、買うならそれしか選択肢はありません。

 

スマホや携帯の新規契約が出来ないのはどんな時?

 

3パターンあるので、順に紹介していきます。

 

未払い分がある時

 

例えばdocomoで新規契約をする時、前キャリアであるauに未払い分が残っているとしましょう。
この場合、未払い分の支払いが全て終わらない限り新規契約はできません。

 

解決方法は簡単で、キャリアショップで直接未納分を支払いましょう。
原因がこれだけだった場合、その日のうちに新規契約が可能です。

 

毎月の支払い状況

 

これに該当する場合、過去に相当な延滞を繰り返していると思ってください。
止められるのは日常茶飯事、というレベルでなければ引っ掛かりません。
少し前に流行った乗り換え契約のキャッシュバック等も、これに該当します。
キャッシュバック分で借金を返済しよう等と考えている人もたまにいますが、当然ながら不可能です。

 

ついでにこれに引っ掛かっているというのは相当悪質なので、他のどんなローンも審査に通りません。
消費者金融は言うに及ばず、車のローンやクレジットカードも審査落ちです。

 

犯罪歴

 

審査以前の問題ではあるのですが、一番多いのは他人名義の使用歴です。
申し込み時に他人の名前で契約し、さらには料金の支払いを延滞した…等がこれにあたります。
暴力団等に所属していると、たまにこういう例があります。
親が子供の名前を使っていた…というパターンもあります。

 

加えて、これでトラブルになった場合被害者本人も契約ができません。
何の延滞の記憶もないのに、初携帯で審査に落ちるという事態が発生するというどうにもならない事態です。

 

対処法

 

総合的に、今は端末代金が高いので分割・新規契約の審査が厳しくなっています。
危ないと分かっている方は絶対に新規契約はやめて、現在のキャリアで機種変更をしましょう。
新規契約に比べ機種変更はある程度甘いので、多少は手に入れやすくなります。

 

ただし機種編変更で分割審査に落ちた場合は一括限定+もう崖っぷちなので注意しましょう。
おそらくそのキャリアを解約してしまうと、もう別キャリアの新規契約は厳しいかもしれません。