債務整理は最終手段、信頼できる司法書士・弁護士に頼みましょう!

債務整理の相談はは司法書士に頼む?弁護士に頼むのがいい?

 

 

結論としては、弁護士に頼んだ方が楽に済む可能性が高いです。
また例外として、一つの業者に140万円以上の任意整理の場合、司法書士は手続きができません。
これは合計額で140万円以上ではなく、あくまで1社で140万円を超える場合に限ります。
A社50万円、B社100万円の場合は特に問題はありません。

 

ただし、そもそも自身の借金が幾らになっているか正確に把握している人は少ないので、何も伝手が無い状態で任意整理先を探す場合は、弁護士の方が手っ取り早いのではないでしょうか。

 

ちなみにこれは任意整理のみに限る話なので、個人再生や自己破産の場合は特に関係ありません。

 

これに関してインターネットで検索しても、あまりいい結果は得られません。
信憑性0%とはいいませんが、競争が激しすぎるせいで弁護士・司法書士間に止まらず同業間でも足の引っ張り合い状態になっています。
他業種でいうと飲食店の評価サイト並で、最早何が真実なのか検索しただけでは判断ができません。

 

酷い所では、司法書士は書類作成以外は何も手伝ってくれないと書かれている弁護士お勧めサイトもあります。
確かに弁護士の方が色々融通が効くのは事実なのですが、だからといって司法書士がお役所仕事な訳ではありません。
そんな事務所が存在したら、あっという間に悪評で仕事が無くなります。

 

 

事務所の選び方

 

今となってはほぼ終息したのですが、少し前までは過払い金バブルというものがありました。
貸金法の改正によりグレーゾーンが撤廃され、法律内の金利で計算し直すと既に借金は完済されている状態になり、余った分(払い過ぎた分)が返還されるというものです。

 

この案件が有名になり、また過払い金が発生している事例があまりにも多かった故に弁護士・司法書士は過払い金相談だけで食べていけるような時代がやってきました。
それに合わせて個人事務所が宣伝を繰り返し、新設の事務所も増えていきました。

 

今となってはグレーゾーンが存在しない為、過払い金が発生しません。
そしてこの過払い金の払い戻しには10年の期限があり、改正前に借りた人でも既にギリギリか期限切れになっています。
今はバブルが弾けた状態です。

 

特に弁護士・司法書士にこだわりがない場合は、実績が10年以上ある事務所を選びましょう。
つまり、過払い金バブル発生前から存在している事務所が最低条件です。
勿論事務所には何度も出向くことになるので、あまりに遠い場合はお勧めできません。
しかしそれほど事務所自体珍しいものでもないので、老舗レベルの所はすぐ見つかるでしょう。

 

勿論新しい事務所の信頼度がないわけではありませんが、どうしても業種的に慣れている人がいいのも事実です。
医者と違って手術(手続き)そのものに失敗するという事は滅多にありませんが、結局は交渉力の問題です。
あらゆる意味で、経験豊富な事務所を選んだ方が確実といえるでしょう。

 

 

債務整理は借金いくらから出来るの?

 

結論から言いますが、債務整理は借金が少額だからできないという類のものではありません。
1万円だろうと10万円だろうと、本人が支払い不可能だと感じたら手続き自体は可能です。

 

一般的な目安でいうのであれば、支出が収入を上回ったら頭の片隅には選択肢として入れておきましょう。
勿論一時的なものであれば問題ありませんが、恒久的な場合は借金を上乗せしても意味がありません。
10万円の収入に対し15万円の生活費が掛かる時点で、生活は破綻しています。
繰り返しますが、金額の大小の問題ではありません。

 

元々借金は、突発的な出費に対処できない場合の一時凌ぎです。
勿論最大の問題は収入そのものですが、その次にくるのは生活費の使い方です。
足りない分を毎回借金で補っていれば返済できる筈もなく、行きつく先は債務整理です。

 

逆にいえば、1回目の借金の時点で債務整理になる可能性はあります。
借りた分以上にどこかで収入がなければ、それは借金で破綻を無理やり先送りしているだけです。
結局生活水準を下げるか、何かを諦めない限り手元にお金は残らないのです。

 

手取りが20万円なら15万円で1ケ月を過ごせるようにしましょう。
給料ギリギリで生活を維持している状態は、1回の臨時出費で簡単に崩れます。
できるできないの問題ではなく、やらなければ借金→債務整理です。

 

また債務整理は基本的に一度限りの薬のようなものです。
2回目3回目と繰り返す事は法律的にも難しいので、何度も使える手ではありません。
結局は身の丈に合った生活をしない限り、助かる事はないのです。