債務整理が出来ない理由は何?

債務整理が出来ないケースってある?

 

パターンは大きく分けて3種類あります。

 

弁護士・司法書士側が断る場合

 

最初の費用が払えない場合や、詳細を聞いて厳しいと思われると断られる場合があります。
特に任意整理は交渉の為これが多く、交渉しても無理だろうという例は受けてもらえません。
ただしこの場合は自己破産に切り替えれば済む話なので、他に手がない訳ではありません。

 

たまに純粋に断る事務所もあります。
単純に抱えている件数が多すぎて対処できないか、過払い金請求バブルも終わったので儲からない件は受けないかのどちらかです。
まあ後者の場合、そのうちそんな事務所は潰れてしまうでしょうが…。

 

本人側の問題

 

2回目の債務整理であったり、手続きを途中で怠るパターンがこれにあたります。
通院ではないのですが、自分から債務整理を頼んでおいて途中で来なくなる人も存在するのです。
また、弁護士に無理な要求をした場合も断られます。

 

例外として闇金に借りている場合はそもそも返済の義務がありません。
とはいえ取り立てを止めさせるには、闇金問題に強い弁護士を調べて依頼する必要があります。
闇金に関しては、全ての弁護士事務所が受けてくれるわけではありません。

 

業者が断る

 

任意整理の例外パターンです。
返せないからこその任意整理なのですが、任意である以上債権者側は断れます。
断ったところで払えない以上個人再生や自己破産(裁判所経由なので拒否できない)に進むのですが、それでも断る業者は存在します。
正直なところ、理由は謎です。

 

 

債務整理を弁護士に依頼しても断られるケース

 

弁護士の場合は共通として、手に負えないと判断されると断られます。
別に債務整理に限っていえることではないのですが、あくまでこちらは依頼者です。
クレームでお客の要求が全て通るような業種でもなく、弁護士相手に口論で勝てるわけもありません。
というより、お客側が勝ってしまうような弁護士の場合、それはそれで依頼するには微妙です。

 

無茶振り

 

任意整理にせよ個人再生にせよ、減額範囲と返済期間は決まっています。
そこを曲げてどうにかしてくれと頼んでも、そんな無茶は通りません。
弁護士に逆らっている時点で、債務整理はできないと考えましょう。

 

利益優先弁護士

 

そんなに居ませんが、過払い金バブルの頃はどうしようもない弁護士が居たのもまた事実です。
例えば過払い金の発生しない任意整理は、弁護士の儲け的には微妙です。
借金をしている業者の件数に応じて費用が決まる為、総費用が10万円を越えない依頼も珍しくありません。
儲からない依頼は受けないとはっきり言われる訳ではありませんが、詳細を聞いて断ってくる弁護士も存在します。

 

この弁護士余りのご時世にそんな事をする事務所は、先が知れています。
さっさと見切って、他の優良事務所を訪ねましょう。

 

2回目

 

任意整理2回目ならばまだ可能性はありますが、自己破産2回目はほぼ無理です。
言うまでもなく当然で、それが可能なら借金などお金を貰ったようなものです。
世の中そんなに甘くはありません。

 

 

債務整理を債権者に断られるケース

 

結論からいうと、それ程あるケースではありません。
というのも任意整理のみにいえる話で、個人再生や自己破産は裁判所の判断なので債権者が断っても無駄なのです。

 

任意整理に関していえば、要するに信用がないという事です。
利息抜きで減額した状態でも、この人は払わないと判断されているという事であり、過去の延滞の仕方等で完全に信用が無くなっているからこそ断られるのです。
弁護士や司法書士が収入を元に考える返済計画なので、基本的に無茶な計画ではありません。
それでも断られる時点で、本人にかなり問題があるといえるでしょう。

 

そして滅多にないのですが、基本的にどんな返済計画であっても任意整理に応じない業者というパターンもあります。
この場合、すぐに個人再生か自己破産にプランを切り替えましょう。
当然専門家が処理している時点で正規の貸金業者ではあるのですが、その中でも危険な業者です。
ある意味何が何でも回収すると言っているようなもので、断られたから放置で終わるような業者ではありません。

 

法律の範囲内ギリギリで厳しい取り立てが待っている可能性が高いので、早めに司法に判断を委ねましょう。
放置していると、今度は業者側から訴えられます。
給料や財産の差し押さえという形で回収されるので、断られた時が分岐点です。

 

 

うつ病借金が返せず債務整理したいが出来る?

 

中々微妙な問題ではあるのですが、病気と債務整理はあまり関係がありません。
うつ病でも収入があるならば任意整理や個人再生の手続きも可能ですが、うつ病→失職の流れの場合自己破産一択です。

 

流れとしては、借金→うつ病→退職→自己破産が殆どだと思います。
無職の状態から借金はできませんし、うつ病の原因がそもそも借金から始まった生活苦にあります。
ただし、うつ病だからといって手続きの際に有利になるという事はありません。

 

自己破産の成功率でいえば、ほぼ大丈夫でしょう。
うつ病状態で仕事をしていない以上、借金の返済が不可能なのは間違いありません。
借金は帳消しになり、原因が借金であればうつ病回復の兆しも見えてくるでしょう。

 

ただし、その後の生活という意味では0に戻っただけで収入はありません。
一般的な解決手段としては生活保護ですが、とにかく今は生活保護受給の壁が厳しいです。
申請の際は、弁護士や専門家を連れていきましょう。
うつ病の方の場合、気力を振り絞って交渉に臨めばうつ病そのものを疑われ、うつ病のままのテンションで行けばそれはそれで言いくるめられて断られます。

 

自治体によってかなり差があるのですが、すんなり通る事はありません。
自身の状態が法的に生活保護が受けられる状態であるのなら、弁護士にお願いして同伴してもらいましょう。

 

 

失業で借金が返せず債務整理したいが出来る?

 

結論から言いますが、自己破産のみ可能です。
収入がない時点で返済の必要のある任意整理と個人再生は不可能で、色々な条件も伴うので弁護士・司法書士の事務所を訪ねましょう。
失業に限らず、借金が返せない状態であれば自己破産の申請は可能です。

 

ただ難しいケースは、マイホームに住んでいる状態で失職するとすぐには自己破産できません。
資産持ちの状態で自己破産ができないので、持ち家を競売にかけることになります。
そして、この家が「売れるまで」自己破産の手続きは進みません。

 

こうなると、完全に済んでいる土地の資産価値と運の問題です。
あまりに高い土地に住んでいる場合、それはそれで買い手が付きません。
価値が高いのは確かなのですが、高いが故に競売の投げ売りレベルの値段でも売れないという事があります。
そして不便な場所に住んでいると、それもまた普通の理由で売れません。

 

基本的に競売の場合、売値としては絶対に売れるような安値なので、その家買おうと思っている人がいれば売れます。
しかし、どんな値段に設定されても需要がなければ何ともなりません。
早ければ1ケ月も経たずに売れますが、難しい場合は年単位で引っ張られます。

 

そういう意味で最速の解決法は、次の仕事を何とかして見つける事です。
それができれば世話が無いという話ではありますが、もう再就職をして家が売れるのを待つしかないのです。
あまりに売れずに再就職先で2年以上経った場合、それはそれで個人再生という選択肢もあります。

 

自己破産後の生活も含め、失業に対する対策は再就職しかありません。
世知辛いですが、それが現実です。